TOP2010年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
東レPPO1回戦

伊達さん、東レPPO1回戦でシャラポアに勝利!

すごいすごい!見たかったなぁ。

去年優勝した韓国OPでは準決勝で敗れたけど、うれしいサプライズ!

おめでとうございます。

いつも感動をありがとう。

明日、誕生日を勝利で飾れますように。
スポンサーサイト

カテゴリ:趣味
レーシック適応検査

ずーっと、ずーーーーーーっと、興味のあったレーシック
だって、コンタクトすぐずれるし、アレルギーだから痒くてすぐ汚れて見えなくなる。
眼鏡は視力出ないし肩こるのです。

この目がはっきりくっきり見えたなら、どんなに世界が違って見えることでしょう←大袈裟

でも、初めて眼鏡をかけた小3の時。
「世の中ってこんなに明るいんだ」って子供心に感動したのを今でも覚えています。
それに、視力回復訓練に通わせてくれたのに、全然やる気のない子供だったことも。
訓練がこんなに高いものだとはつゆ知らず反省。
親の心子知らずとは私のことです。

で、お盆に同僚がレーシックを受けることになり、職場の先生に相談したところ、
「えー?レーシック?ちゃんとしたところで受けなさいよ!」
と一喝!大手のお友達紹介の効くお値打ちなところでやろうとしていた彼女もビビリ・・・。

後日、先生が知人の眼科医の勧めてくれたところがいいわよと言ってきた。
なんでも、このあたりでは手術件数も最大で、医者もそこで受ける人が多いとか。
お値段も3倍近くしますが。

でも、大切な目。信頼のおける病院の方がいいに決まってます。

で、当の彼女、「レーシック」ではなく「ラセック」となるものを受けてきたんだとか。
冗談みたいなネーミング。
レーシックをするには角膜が薄すぎるというのです。誰でもできる訳じゃないんだ。

ラセックは術後も痛みがあり、視力が上がるまで3カ月かかるんだとか。
レーシックのような術後目を開けたら劇的な視力アップ!ってことはないみたい
でも今1.2見えるんだとか。目悪い時のこと忘れちゃっただって。いいなぁ。

というわけで、検査だけ受けにいってきました。といっても、延々と15にもわたる検査を受けるので、1時半から始めて終わったのが5時。長かった。

結果は。角膜の厚みも十分でレーシック適応だとか。やったー。今は老眼も全くなし。

ただ、視力は高度の近視で乱視も強いから視力が低下し再手術の可能性が1割だとか・・・。



で、で、せっかく土曜の午後に名古屋まで出てきたので、家族を呼んで夕食をと思って駅でまっていると、

「ぶーちんが自転車でこけて、チェーンまではずれ、血だらけ!!手当できないから帰ってきてーーー」

と夫くんからコール。えーーー、怪我くらいで??骨折でもあるまいし手当できないって???

仕方なく帰宅。確かに一般人には血だらけかも。
そういえば、去年のキャンプでちゅーが血だらけの時も夫はパニクってたなぁ。

でも、私にとってはたいしたことないよ。のキズなのでした。
洗って、リンデロン塗って、亜鉛華軟膏塗って、リント布貼って包帯でぐるぐる。はい、完了!
ナースが一家にひとりいると便利だね。

カテゴリ:びょうき
看護研修

先日、大高に今年3月にオープンしたばかりの「南生協病院」の看護研修に参加してきました。

目的は、なんてったってきれいな病院を見てみたかったこと(笑)と、最近ご無沙汰の実技を実習できる機会だからです。もちろん、こういう研修は潜在看護師を採用するために行われているのです。
私も、ゆくゆくは今の職場を離れるつもりなので、いろんな病院について知るいい機会でもあるのです。

まず、エントランスからびっくり。おいしそうなパン屋さんやレストラン、それになんと旅行会社や
フィットネスクラブまで・・・病院らしくない病院をコンセプトにということらしいけど、ほんとに病院らしくないわぁ。

さて、実際の参加者は8名。
まず、ヒューマンエラーに基づいた医療事故について。
それから、感染症認定看護師さんからの感染症対策について。

どちらも、とても勉強になりました。
特に医療事故については、今や患者さんをバーコードで識別というか、まちがえないように点滴の前などには薬品とバーコードをピピッとするのが常識。患者さんにとってはなんか商品のようで気分はよくないだろうなぁってかんじですね。
それから、電子カルテについて。これも、総合病院では当たり前にありつつありますが、便利な半面、患者さんの顔を見ずに画面ばかり見ているということにならないようにする必要がありそうですね。

二日間にわたって行われたのですが、最新の静脈内留置針(針刺し事故防止のため、内筒がワンプッシュで格納できるシステム)、三方活栓にかわるものなど…時代の進歩に感動しました。

それから、AEDの使い方。これは何度か経験していますが、実際自分が中心になって救命するという立場でやったことはなくこれもいい勉強でした。
あとは、人工呼吸器の使い方と病院見学。

私がこの病院に興味があるのは、地域との連携が深い病院だということ。
いくつかの診療所や老健、訪問看護ステーションと連携していること。
それに、院内保育所や病児保育もやってるのです。

久しぶりに最新の医療に触れ刺激を受けました。
いい機会を与えてもらってありがとうございます。
一緒に参加したみなさん、進む道は違ってもいい看護を目指しましょうね。

カテゴリ:ナース
これは何でしょう?

これ、何かわかりますか???


10.01 016



こたえは・・・・・・










かぼちゃなのでしたぁ。

カテゴリ:?
筋肉痛

日曜日、1カ月ぶりにソフトボールが始まりました。

珍しく1試合。
これまた珍しくダイアモンドを何周も走った

2日後の今日、仕事中筋肉痛でいたたた。
ぴったり2日後というところに妙に感心したのでした。ははは。

カテゴリ:ソフト
なつかしの

実家に帰省し、自分が子供の頃読んでいた本を寝る前によんであげました。

アンデルセン童話の「マッチ売りの少女」と「あるお母さんの話」

マッチ売りは、それこそちひろの絵本とか、何度も読む機会があったのだけど、もうひとつのはもう何年?何十年かぶりです。
でもね、ちゃんと覚えていたのですよ。

読みだして埃っぽさにくしゃみ連発で困ったけど、こういう記憶って残るものなのですね。

この子達も覚えていてくれるのかな、と思いつつきっと明日も読むことでしょう

カテゴリ:読み聞かせ
丹毒?

お盆くらいから、右膝の腫れに気づきました。
といっても関節炎ではなく、皮膚が腫れて赤くなっている。

見た目じんま疹のよう。でも、痒いのではなく痛い。

それがだんだんひろがってきたではありませんかぁ。
太ももや足首まで。この痛み、まさか蜂窩識炎?
こわくて診察をうけました。

油を流したように赤みが広がっているという特徴から、丹毒では?

とのこと。丹毒?
専門的にいうと、皮下に感染を起こしたのが丹毒、深部なら蜂窩識炎とのこと。勉強になりました。

しかし、侵入経路がわからない。

とりあえず、ぶどう球菌に効く5日間抗生剤を内服すると、良くなってきました。。。。が、やめて二日目でぶり返し、違う溶連菌に効く抗生剤を5日間飲んだけどやっぱりぶり返し。。。。

だんだん拡大し、子供たちは気持ち悪がる始末。
結局点滴しました。内服も10日間かぶせました。

点滴後は、劇的に改善したのですが、内服に切り替え8日目、再発。

はっきりいってショックでした。
10日に点滴をまた受け、今度はペニシリン系の薬剤に変えました。
かれこれ1カ月。こんなに抗生剤のんでいいのかな。スーパー耐性菌できないかな?

かなりへこんでる私なのでした。

カテゴリ:びょうき
年に一度の・・・

今日は保育園をお休みさせ、あいち小児保健医療総合センターの泌尿器科へ。

生まれた時から、ん?このおちんちん???

たくさんのベビーちゃんを見てきた私にとって、おへそがふたつあるかのようなおちんちんにちょっと不安を感じました。とっくり型で仮性包茎とは思えず…。

もちろん、包茎であっても機能的に問題があるわけではないのです。
大きくなって自然に剥けるのを期待すればよいことなんだけど、ここまで小さいと物心ついた頃にコンプレックスになるんじゃないかと思い、包茎が治れば多少大きくなるんじゃないかと乳児健診の度に相談してきました。
小児科医の勧めで去年はステロイドを塗り、自然に剥けるよう期待するもののそんな簡単にはいかないようで…。

普通の泌尿器科にいけば、強引に剥かれるのは目に見えている。でもなぁ。
と、小児泌尿器科に受診したのが一年前。

あまり触るのは瘢痕になるからと様子見になったのだけど、思ったのはおちんちんひとつでこんなにその領域で見解が違うのか…ということ。

小児科医・・・保存的療法(ステロイドの塗布など)
泌尿器科医・・・外科的療法(荒療治?)
小児泌尿器科医・・・自然にまかせましょう?(笑)

ちゅーのおちんちんが小さいのは、埋没しているためでもあり損(笑)をしているらしい。
もうひとつ、睾丸が陰嚢内に固定されておらず、移動している遊走睾丸もまだそのまま。

また、来年です。

カテゴリ:びょうき
新学期

お久しぶりぶりです。

実に5ヵ月ぶり。
この間、いろんなことがありすぎてちょっとブログを更新する気になれませんでした。
まぁ、いろんなことがあるけど、人生ってきっとそういうもんさ。

心の支えはやっぱり子供たちの存在。3人いてくれてよかった。
4人でもよかったかなぁ。
寝かせながら読み聞かせをしている時が一番幸せを感じる時間です。
この子達に生かされていると感じる今日この頃です。

そうそう、若くないのでぐずぐずしてられないのです。
新たな気持ちで前だけを向いて歩いていきたいです。そうだー、私には夢があるのだ。

さて、長いようであっという間の夏休み。
今年は学童に入れなかったのでちょいと心配だったけど(家計は大助かり)、ふたりなのでなんとかなったのでしょうね。兄弟ってありがたいね。

あれだけ忘れ物ない????と聞いたのに、通知表を忘れたらしいぶーちん。
大物だぁ。
まだまだ教室暑いだろうけど、がんばれよーーー。
母もがんばるからさっ。

カテゴリ:ちびっこ
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。