FC2ブログ
TOP2008年05月07日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
囲碁クラブ

囲碁クラブにはいったぶーちん

児童センターのクラブに学童の子どもたちが行く場合には通常、同じクラブの子どもたちが連れ添ってセンターまで歩いていくことになっている。
去年のあかりんのダンスは人気クラブだったのでお友達がいっぱいいた。それにあかりんは一人でも結構平気なので安心してみていられる。
囲碁も将棋もいつも何人かいますよーと言われていたので安心していたのに、ふたをあけてみるとぶーちん一人。

えー、困ったなぁ。一人でセンターまで往復させるのはちと心配だ。
ひとりだということを知らせると案の定「行きたくなーい、やめるー」といいだす。
そんなー、父さんが4時から並んでくれたのにやめるなんて言えないよ。それに、あかりんも手芸ひとりだったけど1年間がんばったんだよ!といってもいやだの一点張り!ほんとに男は意気地がない。
行けばお友達がきっといるってといっても聞く耳をもたず。
初日なので仕方なく、あかりんと送っていく。

講師はなんとプロの先生。それも女性!すごーい!こんないい先生に教えてもらえるなんて恵まれてるよ。
囲碁は人気がないのか定員割れ。でも、やっぱり同じクラスのお友達がいる。
ただ、母もどうやってやるのか全然しらないので1時間見学することに。
結局、あかりんも一緒に体験させてもらえることになり、1時間後には「おもしろい!私も入る!」といいだす。
これで、ふたりで行ってくれることになりほっと一安心。
今度、ヒカルの碁でも読んでみよう。

問題は月曜日の将棋だー。私は仕事で送っていけないし、情けない弟に姉の付き添いって許されるのかしら?
スポンサーサイト

カテゴリ:ちびっこ
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。